【元キャスト】が教える!ディズニーのアルバイトで一人暮らしは可能?

「一人暮らしをしながら、ディズニーキャストをしたい!」

「上京して、キャストとして働きたい!」

そんなかたのために、元キャストが、収入や舞浜の家賃事情についてお教えします☆

キャストをしながら一人暮らしできる?

結論から言えば「一人暮らしは可能です」

おそらく、週5日はたらくキャストの1/3くらいが、一人暮らしをしながらディズニーでキャストとして働いています。

よく「キャストしながら一人暮らしは無理」なんて書いている人を見ますが、そんなことありません。ディズニーキャストになるために上京してきた人も、たくさんいますよ☆

収入は手取り13万〜15万くらい

これは配属になるロケーションや職種によっても違うと思いますが、ナースキャストやソムリエキャストなどの専門職でなければ、おおよそこれくらいかな、と。

1日の勤務時間が7時間だとすると、1ヶ月で7時間×20日=140時間。

これに着替え手当(1日250円)や時間帯手当(〜朝8時、夜19時以降は割り増し)を含めてだいたい15万〜17万。(17万もらうには結構頑張って働かなきゃかも…)

そこから社会保険料や税金で、2万円くらい引かれます。

そうすると手元に残るのはだいたい13〜15万円くらい。

キャストのお家事情

キャストの多くは、舞浜近辺に住んでいます。

具体的に言うと、京葉線舞浜駅から、東西線浦安駅の付近ですね。ここからバス(東京ベイシティバスや会社のバス)で通勤しています。

このあたりのお家賃ですが、意外と安い!

家賃+管理費で5万円以下の物件も!

キャストの友人で、家賃と管理費合わせて4万円代後半の物件に住んでいる人もいました。(女性です)

意外と探せば安い物件があるのが、舞浜付近。

キャスト割のある不動産屋さんもあるらしいので(友人情報)キャストの面接に行ったさいに、面接官の人に相談してみてもいいかもしれません☆

収入が減る…恐怖の閑散期

さて、最後に少しネガティブなお知らせを。

ディズニーランド・シーには『閑散期』と呼ばれる期間があります。閑散期はだいたい、1月〜2月。

世間では冬休みが終わり、春休みが始まるまでの期間です。この時期はディズニーで大きなイベントがないこともあり(最近はアナと雪の女王のイベントをやってますね)閉園時間がかなり早くなります。

最も営業時間の短いときだと、10時開園〜19時閉園の日も。

そんな閑散期は、キャストにとっては収入が激減する時期。

 月収2〜3万減ります。つらい。

けっこうつらいですね。閑散期。まあでもみんな貯金やら何やらで乗り切ってます。

なぜ、乗り切れるかといったら、冬には『ボーナス』も入るから!

ボーナスについてはこちらの記事に書きました。 

 

panpanpanda.hatenablog.com

それと年末年始は時給が大幅にUP!(といっても12月31日と1月1日だけですが)するので、他の月よりも稼げます。

それでなんとか食いつなぐ、感じですね…。

結論:まあ、なんとかなる。 

結論はこれです。なんとかなります。みんななんとかやってます。

確かに、お金にあまり余裕はないですが、ディズニーでしかできない経験も、たくさんさせてもらいました。

それはまたいずれ、書こうと思っています。

ディズニーキャストになりたいかたはぜひ、面接を受けてみてくださいね☆面接では少しディズニーの裏側、が見れて面白いですよ!