ディズニーキャストが「辞めたい…」と思う理由5つとは?辞めるまでの流れ

ディズニーキャストといえども、人間です。

色々な理由で「もう辞めたい」「疲れた」と思ってしまうことはあるもの。

この記事では、ディズニーキャストを「辞めたい」と思ってしまう理由5つと辞め方について、元キャストの視点から解説してみます。

1.思っていたよりも、キャストの仕事は大変

f:id:Panpanpanda:20171029144739j:plain

ディズニーキャストになりたての頃、多くの人がぶつかるのがこの壁。

ディズニーキャストになるための研修や、デビューした直後は、正直他のアルバイトより大変です。

では、なぜ大変なのかについて説明していきます。

・ディズニーキャストは覚えることが多い

まず、覚えることが多いです。

アルバイトを始めたばかりといえど、コスチュームを着てオンステージに立ったら、もう一人前のキャストです。

そのため、一人前のキャストだと認められ「デビュー」するまでは、仕事やロケーション、ゲストによくきかれるトイレやポップコーンワゴンの場所などについて、しっかりと覚える必要があります。

・キャストの先輩から注意されることも

また、覚えることの多さゆえ、失敗してしまうとキャストの先輩から注意を受けることも。

これは普通のアルバイトも同じだと思いますが、注意されても笑顔で働かなければならないぶん、大変かもしれませんね。

また、ゲストと接するときは笑顔の先輩から、厳しく怒られることに最初はびっくりしてしまうかも…。

2.ディズニーキャスト間の人間関係に疲れた

f:id:Panpanpanda:20171029145319j:plain

ディズニーキャストは、基本的に女性が多いです。

女性ばかりの職場って、どこでも人間関係に気を使うことが多いものです。

・人数が多いので、キャストでも合わない人はいるもの

さらに、ディズニーキャストはひとつのロケーションの人数も多いので、どうしても合う人、合わない人はいるもの。

人間関係で疲れて退職…というのは、ディズニーでなくてもどこでもあることだと思います。

・キャスト間でいじめがあるって本当!?

ただ、ネット上で「いじめがある」なんて目にしたこともありますが、少なくとも私が働いているロケーションではありませんでした。

3.身だしなみが厳しい!髪を染めたい。

f:id:Panpanpanda:20171029145829j:plain

高校生や、大学生でアルバイトをしている人に多いのが、この理由。

ディズニーキャストは身だしなみが厳しく、「ディズニールック」というきまりが設けられています。

その一部をご紹介します。

・髪は基本染めれない

・ピアスは左右1個ずつまで

・マツエクもつけまつげもNG

カラコンもだめ

・アイラインは目尻よりはみ出しちゃいけない

・肩につく長さだったら、髪をしばる(ゴムの色は黒・茶・紺)

とまあ、こんな感じです。男性の場合は髪型がさらに厳しく、耳に髪がかかってはいけない、襟足も短くなどの規定があります。

高校生や大学生だと、特に「おしゃれを楽しみたい!」という気持ちも強いので、それが原因で辞めていく人もいます。

4.やはり、第一希望の職種で働きたい

f:id:Panpanpanda:20171022162244j:plain

面接についての記事でも触れましたが、

ディズニーキャストは必ずしも自分が働きたい職種、場所で働けるわけではありません。

「あの職種がよかったから受け直す」と言って辞めていく人は多いです。

辞めずに異動、はほぼ無理なので、一度キャストを辞め、面接から再度受け直すことになります。

もちろん受かる保証はありませんが、後述するきちんとした手順を踏んでやめた人は、希望の職種で再雇用されているケースも多いです。

 職種を選ぶ方法については面接の記事をご覧ください。

panpanpanda.hatenablog.com

5.お給料が安く、金銭的に苦しい

f:id:Panpanpanda:20170916092109j:plain

 週5日働くキャストに多いのが、金銭面の理由。

キャストのお給料について書いた記事でも触れましたが、金銭面は結構苦しいです。

一人暮らしの人は特に。

ディズニーキャストは続けていても、お給料はほとんど上がりません
トレーナー(新しく入ってきたキャストの研修をおこなう人)になっても、せいぜい時給+100円です。

ディズニーキャストとして働きながら、社員をめざして就活し、成功したら退職するというパターンが多いです。

ディズニーキャストを辞めるときは、どうする?〜辞めるまでの流れ〜

f:id:Panpanpanda:20171029151317p:plain

1.まず、ロケーションの上司に相談

まずは、辞めたいと思っていることをロケーションの社員さんに相談してみましょう。

社員さんに話しかけづらい場合は、自分をトレーニングしてくれたトレーナーさんでもいいかもしれません。

辞めるには色々な手続きが必要になるので、それも社員さんから教えてもらえます。

2.辞めるタイミングは契約満了がベスト

ディズニーキャストは1ヶ月〜半年くらいのスパンで雇用契約を結んでいます。

その契約が切れるタイミングで退職するのがおすすめ。

もしまたディズニーで働きたい、と思ったときに、契約満了で辞めていれば、再雇用される可能性が高いです。

反対に、突然辞めてしまった、というデータが残っていると、再び面接を受けても印象は良くないと思われます。

また、今は辞めたいと思っていても、何だかんだ復職する人が多いのも、ディズニーキャストの特徴です。

3.どうしても…の場合、出ているシフトは責任持って勤務する

f:id:Panpanpanda:20171029152204j:plain

「どうしても今月辞めたい」とか、「次の契約満了まで働けない」といった場合は、少なくとも今出ているシフトは責任持って勤務しましょう

そう伝えたうえで、上司に「できるだけ早く辞めたい」と相談してください。

ディズニーのシフトは、翌々週くらいのシフトが、1週間分ずつ発表されます。だいたい2週間くらい先のシフトまでは出ているので、その分は出勤しましょう。

でないと、ロケーションにもロケーションのメンバーにも、大変な迷惑をかけてしまうことになります。

4.当然だけど…ディズニーキャストでバックレは辞めた方がいい理由

f:id:Panpanpanda:20171029160823j:plain

どんなに仕事がいやでも、理不尽に怒られても、バックレるのだけは辞めましょう

・バイトだから…は通用しない

それはいくらバイトでも、雇用契約を結んでいる以上当然のこと。

勿論普通のバイトでもバックレるなんてもっての他ですが、特にディズニーではきちんと辞めた方がいいよ、と個人的に思う理由をお伝えします。

・この先、ずっとディズニーに行かずに過ごせますか?

今、ディズニーキャストをバックレてやめたとして、この先ずっとディズニーには行かないつもりですか?

ディズニーキャストになる人って、多くの人が一度はディズニーランドやシーに行ったことがあるはずです。さらに、ディズニーで楽しい思い出があるから、キャストになった、という人も多いはず。

・今きちんと辞めることが、ディズニーを好きな場所にするためにも大切

ディズニーキャストは、長く続ける人も多いです。

社員さんだと、何十年とキャストを続ける人もいます。

そんな人たちと、バックレたあと顔を合わせるのは気まずいですよね。

この先何十年、年をとってもディズニーリゾートを楽しむために、今少しだけ我慢してきちんと辞めることが大切です。

さいごに。必ずしも辞めることが悪いわけじゃない

どんな仕事でも、いざ始めてみると「合わなかった…」ということはあるもの。

ディズニーキャストにもそれはあって当然です。

とくにディズニーキャストは、華やかなイメージが強い分、どんなことが大変なのかイメージしづらいのも、辞めたいと思ってしまう一因なのかもしれません。

辞めることが必ずしも悪いとは、私は思いません。

ただ、きちんとした手順を踏んで、辞めるようにしましょう。辞めたあと、今度はゲストとして存分に楽しむためにも、そこはしっかり守ってくださいね。