【元キャスト】が教える!ディズニーのアルバイトで一人暮らしは可能?

「一人暮らしをしながら、ディズニーキャストをしたい!」

「上京して、キャストとして働きたい!」

そんなかたのために、元キャストが、収入や舞浜の家賃事情についてお教えします☆

キャストをしながら一人暮らしできる?

結論から言えば「一人暮らしは可能です」

おそらく、週5日はたらくキャストの1/3くらいが、一人暮らしをしながらディズニーでキャストとして働いています。

よく「キャストしながら一人暮らしは無理」なんて書いている人を見ますが、そんなことありません。ディズニーキャストになるために上京してきた人も、たくさんいますよ☆

収入は手取り13万〜15万くらい

これは配属になるロケーションや職種によっても違うと思いますが、ナースキャストやソムリエキャストなどの専門職でなければ、おおよそこれくらいかな、と。

1日の勤務時間が7時間だとすると、1ヶ月で7時間×20日=140時間。

これに着替え手当(1日250円)や時間帯手当(〜朝8時、夜19時以降は割り増し)を含めてだいたい15万〜17万。(17万もらうには結構頑張って働かなきゃかも…)

そこから社会保険料や税金で、2万円くらい引かれます。

そうすると手元に残るのはだいたい13〜15万円くらい。

キャストのお家事情

キャストの多くは、舞浜近辺に住んでいます。

具体的に言うと、京葉線舞浜駅から、東西線浦安駅の付近ですね。ここからバス(東京ベイシティバスや会社のバス)で通勤しています。

このあたりのお家賃ですが、意外と安い!

家賃+管理費で5万円以下の物件も!

キャストの友人で、家賃と管理費合わせて4万円代後半の物件に住んでいる人もいました。(女性です)

意外と探せば安い物件があるのが、舞浜付近。

キャスト割のある不動産屋さんもあるらしいので(友人情報)キャストの面接に行ったさいに、面接官の人に相談してみてもいいかもしれません☆

収入が減る…恐怖の閑散期

さて、最後に少しネガティブなお知らせを。

ディズニーランド・シーには『閑散期』と呼ばれる期間があります。閑散期はだいたい、1月〜2月。

世間では冬休みが終わり、春休みが始まるまでの期間です。この時期はディズニーで大きなイベントがないこともあり(最近はアナと雪の女王のイベントをやってますね)閉園時間がかなり早くなります。

最も営業時間の短いときだと、10時開園〜19時閉園の日も。

そんな閑散期は、キャストにとっては収入が激減する時期。

 月収2〜3万減ります。つらい。

けっこうつらいですね。閑散期。まあでもみんな貯金やら何やらで乗り切ってます。

なぜ、乗り切れるかといったら、冬には『ボーナス』も入るから!

ボーナスについてはこちらの記事に書きました。 

 

panpanpanda.hatenablog.com

それと年末年始は時給が大幅にUP!(といっても12月31日と1月1日だけですが)するので、他の月よりも稼げます。

それでなんとか食いつなぐ、感じですね…。

結論:まあ、なんとかなる。 

結論はこれです。なんとかなります。みんななんとかやってます。

確かに、お金にあまり余裕はないですが、ディズニーでしかできない経験も、たくさんさせてもらいました。

それはまたいずれ、書こうと思っています。

ディズニーキャストになりたいかたはぜひ、面接を受けてみてくださいね☆面接では少しディズニーの裏側、が見れて面白いですよ!

 

【元ディズニーキャスト】が明かす!キャストの給料事情【裏話】

これからディスニーキャストとして働こうと思っている人に向けて、「ディズニーキャスト」の給料事情について書きます。一人暮らしはできる?ボーナスはあるの?

基本給は時給1000円

どの職種も、基本給は1000円です。

職種によって調整給がプラス

そこに職種によって『調整給』がつきます。

たとえば飲食施設ではたらく『フードサービスキャスト』の調整給は100円なので、フードサービスキャストとして働く場合の時給は1000円+100円=1100円、です。

他にも駐車場ではたらく『パーキングロットキャスト』(+150円)

ディズニー内の警備員『セキュリティーオフィサー』(+30円)

お掃除やゲストの案内をする『カストーディアルキャスト(+50円)

ディズニーのガイドツアーでゲストを案内する『ガイドツアーキャスト』(+50円)

ディズニー内で看護師としてはたらく『ナースキャスト』(+450円)

ディズニーホテルで商品販売をする『マーチャンダイズホテルキャスト』(+100円)

子どもたちにヘアメイクをする『ヘアアンドメイクアップキャスト』(+150円)

飲食施設でソムリエとしてはたらく『ソムリエキャスト』(+350円)にも、調整給がつきます。

なぜ調整給がつくの? 

調整給がつく職種は、ナースキャストなど専門性が必要とされる仕事か、他の職種に比べて大変な仕事です。

たとえばパーキングロットキャストは、雨の日も晴れの日も、台風の日も、外でゲストをお迎えしなければなりません。真夏の炎天下の中や、雨の降りしきる真冬の日に、外ではたらくのって、想像よりも大変です。そのための調整給なんだと思います。

だから、調整給がつく仕事に応募するときは、他のキャストより大変かも、ということを頭にとめておいてくださいね。

時間帯別に手当もつく

深夜、早朝にはディズニー以外の仕事と同じように、手当が出ます。

それ以外で特徴的なのは、朝7時〜8時、夜19時〜20時にも+200円がつくこと!正直、夜19時〜20時にも手当がつくのは有り難いです。

そのため、お昼過ぎ〜閉園前後まではたらく『クローズキャスト』の方が時給は高いのでおすすめですね。

ただし!これは研修を終えてからの時給

研修を終えるまで(通常2ヶ月)は、基本給900円です。

まれに2ヶ月で昇給しない人もいますが、ほとんどいないので、気にしなくても大丈夫でしょう。反対に、どれだけ優秀でも、早く研修期間が終わることはまずありません。

交通費は全額出る!着替え手当も 

交通費は全額出してくれます

そして『着替え手当』と呼ばれるものがあり、1日250円(たしか)でした。

キャストとしてはたらく場合、勤務開始時間のだいたい1時間〜45分前くらいには舞浜駅に着いて、着替えたり移動したりしなくてはならないので、その分の手当、というニュアンスも含まれているのだと思います。

気になる「ボーナス」

あまり知られていませんが、ディズニーの準社員(週5はたらいている人)にもボーナスがあります。

ボーナスは年2回夏と冬にもらえます。1万円〜キャストとしてのグレードが上がると数万円もらえるようになります。

それ以外にも、4月に前年度の入場者数が良いと、1人あたり1万円のボーナスがありました。

実際月にどれくらい稼げる?

実際のところ、月に稼げるのは14〜16万くらいでしょうか。

そこから税金や社会保険料が引かれるので、手元に残るのは12〜15万、といったところです。

さらに働きたければ、予定があって自分のシフトに入ってくれる人を探している人(結構います)からシフトをもらって勤務時間をのばす方法もあります。

でもキャストとして働くのはかなり体力を消耗するので、意外と自分のシフトをこなすだけで精一杯だったりします。

一人暮らしはできる?

正直に言えば、できます

ていうか、なんとかみんなやってます。

よくWEB上で、「一人暮らしは無理ですよ」なんて記事を見かけるのですが、週5で働くディズニーキャストの1/3くらいは一人暮らしです。

正直、金銭的に余裕はそんなにありません。でも、みんなで食事をしたり服を買ったりもするし、別に極貧生活を強いられるわけではありません。

舞浜周辺には家賃の安い物件もあります。

管理費含めても5万を切る物件を借りていた友人も、何人か知ってます。

地方からキャストになるために上京している人もたくさんいますよ!だから家が遠い人も、覚悟があればチャレンジしてみてくださいね★